遠くて近い国トルコ

遠い距離にあっても近い、トルコと日本

トルコは日本から遠いところにあるし、日本とのかかわりなんてそれほどないだろう…と考えていませんか?通貨もトルコリラで日本と関係があるとは思えないでしょう。しかし実は、日本とトルコは古くから交友関係があります。トルコ人は日本人に優しい、なんていわれています。

そのきっかけとなったのが、エルトゥールル号遭難事件、というものです。このエルトゥールル号遭難事件はどんなものか、トルコ人はほとんどが知っていますので、日本人も知っておくべきです。どんな事件だったかというと、それは1889年のことでした。

トルコと日本にはそれまで何のかかわりもない国同士でしたが、トルコと日本との間につながりを作るため、トルコからエルトゥールル号が日本に向けて出発しました。11か月もかけて、ようやく日本につき、明治天皇にトルコからもプレゼントを届けてくれたのです。その後トルコへ戻ろうと日本を出発するのですが、その帰りで強い風が吹き、エルトゥールル号は沈没してしまいます。それを助けたのが、和歌山に住む日本人でした。自分たちの食料をトルコ人と分け合いながら、みんながトルコに帰ることができるまで、世話をしたのです。

このエルトゥールル号遭難事件はトルコの小学校で学ぶ教科書にも載っているぐらい、トルコ人の間では有名です。こうしたことをきっかけとして、トルコと日本は距離としては遠く、でも気持ちは近くにある国同士となったのです。