トルコリラってどんな通貨?

トルコリラという通貨とは?

トルコでは、トルコリラという通貨が使われています。トルコリラは、1トルコリラから、5・10・20・50・100・200トルコリラまであります。そして、トルコリラの補助通貨として使われているのが、クルシュという単位です。1トルコリラが100クルシュということになり、クルシュは50クルシュを始め、25・10・5・1となっています。ただし1クルシュはあまり発行されておらずほとんど使われていませんので、実際には5クルシュから使われている、と考えてください。日本では銭がクルシュ、ということになります。

実は今のトルコリラは、2009年から使われています。それまでは紙幣がなかったのですが、紙幣が発行されるようになりました。まだまだ歴史が浅い通貨ではありますが、トルコでも紙幣でトルコリラが使われるようになったのです。

新たなトルコリラが使われるようになったことで、古い通貨は使えなくなりました。2009年いっぱいで使えなくなったのです。

日本では古いお金も使えるので、使えなくなるというトルコリラが信じられないかもしれませんが、新しいトルコリラを広めていくという意味では、思い切って使えないようにする、というのもいいことなのかもしれないですね。